平仮名シャベル

i'm where i'm meant to be

この私がみゅうとくんに堕ちた話

 

 

 

 

1年前の夏まで、わたしの見る方向には今とは別の人がいました。私の学生時代を捧げて時間もお金もその人に費やしてきました。世界でいちばん愛しい人でした。これからこの人以上は絶対に現れない自信がありました。ではなぜ今森田美勇人という人間を見ているのか。なぜなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

えっなんで?なんでだろ?

 

 

 

 

改めて考えてみるとほんとなんででしょうね。私を動かしたのはなんなのか。彼は何を見せてくれたのか。自分のことなのに何も知らないまま過ごしてきました。よし。この短い担当歴デイリーを振り返ってみましょうか。

 

 

 

 

2016.09

たぶんこの頃だったかなあ。大学先でひとりぐらしをしていた私は実家に戻らないとBS放送はみれませんでした。よって毎月確実に自担を見れるであろうザ少年倶楽部は実家のみで見られるレアものだったのです。今考えるとそんな暮らし耐えられないよね…意地でもリアタイしたいじゃんね…そして大学2年の夏休み9月、卒業年の最後の実習で実家に戻りました。実習から疲れて帰ったその日は水曜日(現在は毎金曜日放送)。テレビにはjrたち。妹がセクゾ担で我が家では毎週家族で少クラを欠かさず見ていました(笑)私にとってはひさしぶりに見る少クラ。「あっふっかひさしぶり~〜🤗」「やっぱみんなかっこいいよなあ~〜😘」な~んて茶の間レベルの感情を抱きながら鑑賞していました。そしてED。知っているJrの子のグループが出ていました。赤い衣装にバンドか~〜!!!!!!!!!!と楽しく見ていたら、

 

 

 

およ?およよ?えっ?何この美青年っ超顔が綺麗じゃない?顔が超かっこいいな?

 

 

 

 

私は確かに胸が踊ったのを覚えています。そうです。これがこの月初めて7人でレスキューレスキューを歌ったLove-tuneです。そしてこの決定的な感情をくらったのがれおみゅです。

 

レスキューレスキュー(関ジャニ∞)/Love-tune [051117] - YouTube 

(ご存知とは思いますが参考までの動画です)

 

「Hey, bad boy !どうした、どうした?そんなもんかい?もうお終いなのかい?どっからでもかかってこんかい Big monster!」

 

ここです。これです。これにより私は一瞬で違う世界を知りました。(ちなみにその前に披露されていたイツバのみゅうとくんは?と思われた方、ただ途中から見ただけの話です。見逃したんです。愚か。)「わあ。かっこいい。」と純粋に久しぶりに思いました。それを見た後から、私は必死に過去の録画を漁った。ダビングしてしまった昔の少クラも見た。みゅうとくんいるわいるわ。わんさかいるわ。なんだこれ。わたし見逃して生きて来すぎだな?見れば見るほど嵌まっていった。あのしなやかなダンス。あんなに綺麗なダンスは初めて見たに近いくらいそれほど綺麗だった。綺麗なのに儚い。儚いのに豪快。豪快なのに繊細。矛盾ばかりの完璧なダンスだった。ダンスって今までアイドルとしての条件に入れてなかったから(アイドルはキラキラしてればいいと思ってた)衝撃だった。こんなJrがいるのかと。びっくりだった。そして裏切るようにビビリでポンコツな面。

 

「なにこの子っ可愛い!!!!!!(泣)」

 

可愛いとしか思えなくなったわたしはここでもう後戻りできなくなっていた。罪としかいいようがない。みゅうとくんの魅力をひとつずつ見つけていく度にみゅうとくんの虜になっていった。ガムシャラを全回ダビングしてもらい、プレゾンも取り寄せ、バックについてるライブや舞台のDVDを買い漁り16'-17'のカウントダウンコンサートも気づけばみゅうとくんの名前うちわも持っていた(結局みゅうとくんはいなかったんだけど)。毎日楽しかった。満たされていた。これほど私を突き動かしたみゅうとくんが愛おしくてたまらなかった。みゅうとくんが愛おしくてたまらなかった。

 

そして決まったジャニーズJr祭り。やっと会える。やっとこの目でみゅうとくんを見られる。嬉しくて嬉しくてこの上なく嬉しくて。どんなことでも頑張れた。みゅうとくんに会えるから。会えるなら何でも頑張った。みゅうとくんは私の原動力になっていた。

横浜・大阪どちらも入らせてもらってこの目で見たみゅうとくんはとても楽しそうで思っていたよりもよっぽど楽しそうで。そうそうこのみゅうとくんを見に来たんだ。って胸が熱くなって初めて横浜初日に嬉しくて泣きました。大阪も大いなる愛おしさでまた泣きました。可愛くて愛おしいと泣いちゃうんですわたし。重ったるい面倒くさいタイプのヲタクなんですわたし。みゅうとくんと共有した時間がとても好きだった。本当に楽しかったなあ。

 

 

 

 

 

これらがみゅうとくんに私が堕ちた話です。まだまだビギナーで知らないこともたっくさんある。けれどみゅうとくんが与えてくれるものはいつも楽しいってこと、綺麗だってこと、優しいってことは知ってます。さいっこうの自担です。世界一だ。だからこそみゅうとくんには素敵な景色を見せてあげたい。ずっと楽しく笑っていてほしい。求めることは他にもあるけどこれだけは常に強く願ってる。私達ができることは出来るだけやってあげたい。上から目線ではあ?って感じだよね!!!!!ほんっと!!!!何様だよ!!!!!でもでもでも好きならなんでもやってあげたくなるじゃん!?あれだよあれ!!!!分かるっしょ?!!!!!!(落ち着け)

 

 

 

何はともあれみゅうとくんのおかげで毎日が楽しくてたまらない。最高に楽しい。幸せ。もっとみゅうとくんを見たい。感じたい。だから売れてくれ。森田美勇人売れてくれ。売れてくれ頼む。資金は用意してある。あとはお前がもっと売れるだけだ。よしいける。売れようぜ。

 

 

 

 

みゅうとくんの未来が晴れやかで幸せなものでありますように。みゅうとくん出会ってくれてありがとう。